rambling man

2005ラストゲーム

12月3日土曜日、2005 J2ラストゲーム 水戸戦。

3月5日に開幕したJ2も、とうとう44試合目のホームゲームとなった。
JFLの30試合に慣れていたのもあり、当初は44試合って長いな~、
と思っていたが、あっという間だったように思う。
毎週末の戦いに、一喜一憂した2005年だった。

個人的には、シーズン始まってすぐは、
夢にまで見たJリーグで戦える事の喜びいっぱいで、
チームと共に戦えるサポにはなれてなかったように思う。
これではいかんと思い始め、なかなか勝てなかったホームゲームでの一勝を目指し、
次は、一つでも上の順位になるためにと、だんだん選手の背中を押せるサポとなれたと
個人的に思う。

試合は、ホームゲームに集まった5000人を越えるサポーターの気持ちに答えられない、
まったく精彩を欠いた試合運びだった。0-1。9位でフィニッシュ。

44試合目にして、だいぶんわかってきた。そして目標ができた。
選手でもまだまだ厳しさが足りない選手もいたり、
チーム運営のフロントはまったくもって甘い。
フロントに対して俺らサポーターも、指摘事項は伝えていくべきだ。

そして俺らサポーター。
試合後選手と話す機会があったが、もっと沢山増えて欲しいという希望と共に、
暖かいサポーターへの感謝と、選手に対しての厳しい気持ちがあってもいい、との話を聞いた。
もう、Jリーグ1年生は終わりだし、老若男女集まれるゴール裏雰囲気は
徳島のいいところでもあるが、もう今日のような勝たなくちゃいけない試合後は、
ブーイングを浴びせる愛情を持ったサポーターに変わっていかないといけないと感じた。
そして、来季はゴール裏に友達を誘って、徳島サポーターを増やそう。
もっと楽しい応援を考えよう。もっと応援リードの自由度を増やそう。

しばしの休息。あっという間に2006年開幕がやってくるよ。
2005、ほんまみんなお疲れ!!!!
[PR]
by katoyan12 | 2005-12-04 10:27 | Football
<< サポーターズナイトとファン感謝... きたるべき週末に備えて~休息。 >>