rambling man

お仕事は大変だ


早朝から、勤務地に到着すると、職場にはすでに監査官が。

数年に一回の監査の日である。

金融機関などにお勤めの方なら、ほんま大変なのはご存じかと思われる。

まあ、この日のためにしっかり書類などの準備をしてきたので、
あとは書類の山や、仕事ぶりのチェックが終わるのを待つだけなのだが、
なんか居心地が悪く落ち着かない(笑)。
悪い事もしていないのにね。
ほんまかなり前からの書類チェックはしんどかった。何回休みがなくなったか。

ほんま、監査っていうけど、結果、お客さんに対してどんどんややこしい事を、
してもらわないといけなくなっているこの現状は、ほんとにいいんだろうか?
と、ちょっと真面目な話。

監察官が帰った後、落ち着いた職場内では、上司から
「昨日の試合の相手って、なに札幌?」って聞かれたので、
道産子を逆に読んでコンサドーレです」って教えてあげたら、
めちゃ感心された(笑)
あとは、なぜかレンタル移籍について語る、
32歳の職員とそれを興味深く聞く41歳の上司(笑)


最後に。
ほんま、オーシ、もうちょっと頑張らないと、やべえぞ!
うちの10番なんだから!

[PR]
by katoyan12 | 2006-08-07 20:20 | 日常という雑記
<< 前に出る勇気 多忙な日曜日 >>